「ほっ」と。キャンペーン

☆マーヤ組☆

alicemahya.exblog.jp

うちの子たちの日々。2005・2月~2006・10月

<   2005年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧

お疲れ様でした。

自分と自分の家族以外の誰かを心配し、気を揉み、無事をひたすら願う、
そういう方々と知り合えた幸運。
心配のし過ぎなんてない! と、おっしゃってくださった方。
よその家の子だからって。

ダーチャが尋常でないときに、感動してなどいられない。
例えば、陣痛の波がきた妊婦さんに対して「生命の誕生だね! 感動!」なんてことよりも、背中をさすろうか? って思うだろう。
痛そうだ、辛そうだ、早く産まれればいいのにね・・・笑ってはいられないだろう。

ダーチャ、お疲れ様でした。
[PR]
by alicemahya | 2005-05-27 16:28

女神の出産。

26日の日記ですが、現在、27日の午前1時過ぎです。

ダーチャの陣痛がきた、朝までに産みそう、とのこと。
土曜日じゃなくて良かった。。。と、勝手に思った。
土曜日にマーヤを連れてプチに行くのだけれど、もし土曜日の日中に出産となれば、Aさんにプチにいて頂くのが申し訳ないように思っていた。
夜から朝にかけてで良かった、とも、思った。(新しい飼い主さん候補の方々、すみません)
不特定多数のお客さんに取り囲まれて、ではなく、飼い主さん始め、馴染みのスタッフさんに見守られながら、落ち着いて出産するのがいいよね、と、やはり思ってしまう。
新しい飼い主さんにしても、出産の瞬間に立ち会えなくとも、元気な子が産まれてくるのがいちばんだと思うから。

仔犬を予約されている方々は、今夜、気が気ではないはずだ。
産まれてくる頭数には、限りがあり。。。
昨日のご夫婦に続き、土曜日にも、仔犬を予約されているご家族とお会いする。
昨年知り合ったご夫婦、昨日のご夫婦、そして、土曜日に再会するご家族、揃って、ダーチャの仔犬の飼い主さんになられたら、どんなに良いだろう。
そうすれば、新しい弟や妹たちとマーヤが、一緒に遊べる可能性もある。

マーヤが産まれたとき、当然のことながら私は大興奮で「うちの子は生まれましたか?!」
「マーヤが存在している」とわかったとき、どれほど嬉しく、ほっとしたことか。
予約をして、名前を考えて、新しいクーラーを準備し、期待でいっぱい、ドキドキと出産を待って。
あのとき、もし「マーヤ」が産まれてこなかったら、ショックなんてものではなかっただろう。
当然、このHPも存在していなかったし、あれからの4年間は、別のものになっていただろう。
サモエドの出産のたびに、予約をされている方々のことを考える。
マーヤの弟や妹たちは、今回、どこのお家にいくのだろう。
すべては、ご縁。。。
今回頭数が間に合わなかった方々がいらしても、いつかはきっと「素晴らしいうちの子」に出会える日がくることを信じています。

ダーチャ、頑張れ。
e0006428_1627135.jpg

[PR]
by alicemahya | 2005-05-26 16:26

感激。

天気予報を見間違えたのか、雨で寒い日になる、と思っていたら、晴れて、日中は気温も低くなかった。マーヤを連れて、ドッグラン・プチ(動物王国)へ。

ダーチャのお腹は大きくなっていたけれど、出産の気配は見られなかった。
時折、けだるそうに休憩するほかは、二本足で立ち上がるなど、元気印のダーチャだった。
ダーチャ自身による「動きによる胎教?」を見ていると、私は納得してしまう。
こりゃ、雷が鳴ろうと、多少の地震で家が揺れようと、マーヤが動じないのは当然だ?!
「産む気配ないね~」などと、その場にいた皆さんと笑顔で話した。

ダーチャ、フードも完食したらしい。
e0006428_16232163.jpg


嬉しい出会いもあった。
那須ダーチャ、ダーチャのことが大好きな、素敵なご夫婦だった。
奥様は、マーヤと会って、感極まって涙を流してくださった。
ご主人とおふたりで「やっぱり似てる!」「可愛い!」と、喜んでくださった。
マーヤに会って、泣いてくださった。。。
「会いたかったんです」とおっしゃってくださった。
マーヤの中に、那須ダーチャ、ダーチャの面影を、ひとつひとつ、見つけてくださった。
4年前、中標津で初めてダーチャに会えたとき、私は感動して泣いた。
そのときの記憶が蘇った。

この上なく幸せな一日となった。(飼い主として、これほどの幸せがあるだろうか)
遊んでくださった皆さん、ありがとうございました。
今日も、Aさんには、大変お世話になりました。
那須ダーチャ、ダーチャと続く素晴らしい遺伝子と、マーヤがもたらしてくれる出会いに感謝。
ダーチャの安産を祈りつつ。

水場を占領のマーヤ。ふっくらとしてきたの、わかります?
e0006428_16235572.jpg


どうか、ご夫婦に、笑顔の天使が舞い降りますように。。。
ねえ、マーヤ、可愛がってくださるご夫婦と共に、新しい妹と遊べる日が来るのを願おうね。
[PR]
by alicemahya | 2005-05-25 16:21

明日は。。。

お天気がぐづついている。今夜は本格的に雨。
明日は、ドッグランの予約をしている。
マーヤを、真っ黒泥んこになるのを覚悟して、連れていく。
寒い雨の日に、アリスと悠太を連れていっても「楽しいのか、そうでないのか、わからないです。寒いのイヤだし、早く帰りたいです。by ふたり」となるので、クロたちは留守番だ。
ダーチャに会うことも目的。
私が百友坊に行っている間、マーヤは、適当に運動してなさい。
(Aさん、いつもお世話になります。。。)
寒くたって雨だって、マーヤは気にしないものね。

気にしません。
e0006428_1621169.jpg

悠太は、換毛で、黒と灰色と白のマダラとなり、トラ毛みたいになっている。
腿あたりは、かなり毛が薄くなった。麻のズボンに着替えたみたいに。
だんだん「夏仕様」の身体になっていく。うまいこと出来てるね、と思う。
ちなみに、私も、冬の間は太り、このところ、少しづつ体重が減ってきた。
人間もそうだよね、冬は脂肪を蓄えるのよね。
寒い頃には旺盛だった食欲が少しづつ落ちてくる。これも自然の摂理なんだろう。
[PR]
by alicemahya | 2005-05-24 16:19

寝姿。

突然大雨が降ったり、忙しいお天気だった。
涼しいので、マーヤも過ごしやすそうだった。

今日の、クロたち&マーヤの寝姿。
e0006428_16191649.jpg

寝返りをうって、くるくる動きを変えることで、胃の消化を助けたり、良いウンチを製造しているのかな、なんて思う。
ラフなかっこうで寝ている姿って、痛いところも苦しいところもなく、ひたすらリラックスしているようで、見ていてほっとする。
e0006428_16194913.jpg

[PR]
by alicemahya | 2005-05-23 16:18

はかれないわ。

フードを変えてから、マーヤが少しふっくらとしてきたようなので、体重をはかることにした。
「よいしょっ!」マーヤを持ち上げて、体重計に乗った。
ところが、じたばた暴れるので、私は肩の筋が変になった。
メモリは、ゆらゆら。
足元の数字を見ながら、そんなに長いことマーヤを抱えていられない。
結局、逃げられて、失敗した。あーあ。
「マーヤちゃん、おいで」と、呼んだけれど、目を逸らして階段を下りていってしまった。
ジャーキーを出したのに、階段を上がって来ない。
母ちゃん、いきなり何するの?! 苦しいよ! だったかな。(暴れるから苦しいんでしょ~に)
また当分、体重計を見たら逃げるだろうな。
痩せてるなんていっても、そこはサモエド。重い! 
幸せな重みではあるけれど。肩、痛いし。

骨組みが大きいので、25キロはあると思う。
フィラリアの薬を貰いに行くときに、病院ではかってもらおう。。。

夜も外気と親しむマーヤ。静かな横顔。
e0006428_1617124.jpg

[PR]
by alicemahya | 2005-05-22 16:17

おはよう。

朝、窓を開ける。
鳥がさえずって、マーヤが外気と触れ合う。
大好きな光景なので、毎日のように撮ってしまう。
e0006428_16155486.jpg

[PR]
by alicemahya | 2005-05-21 16:14

挑戦中。

押入れからフリスビーを出すと、マーヤ、大喜び♪
これは、素質があるのだと思う。(おそらく)
すぐに、口にしようとする。
興味を持って口にするだけでも、まず誉めて、と、以前、教わったことがあるので、とにかく、誉める。「離せ」で、離したら、誉める。
お座りさせて待たせて、フリスビーを転がしてみる。
すると、まだ動いているものを追い、口で咥えるようになった。
やっぱり、素質がある。(おそらく)
とにかく、誉める。

その後が、問題だ。
口に咥えたら、マーヤ、そのまま持っていこうとする。ダッシュで走り去ろうとする。
「待て~~」と、フリスビーの引っ張り合いになるけれど、そういう遊びではない。(ー_ー;)
「離せ」と言って、取る。離したら、誉める。

走り去るマーヤを捕まえられないと、階段を下り、一階まで追いかけて行かねばならない。
早くしないと、噛んで穴だらけにしてしまう。

お座りさせて、ぴゅ~~っと、フリスビーが飛ぶような角度で動かしてみると、マーヤ、飛びつくようにパクッと口にするから、これはもう、いいセンいくんじゃないか? と思う。
投げて練習してみたい。キャッチ出来るかも♪
まあね、キャッチした後は、持って逃げると思うけど。
追う、キャッチ、持ってくる、離す、が出来るようになったら、凄いと思う。
フリスビーをするサモエドの誕生だ♪(期待は膨らむ)
家の中で転がしてても、何となく楽しいフリスビー遊びである。

激しく挑戦中。
e0006428_1665634.jpg


アリスは、フリスビーには興味無し。
今日は、ボールの持ってこい、をやった。
家では遊ぶのだけれど、外ではやらないね。
ちなみに悠太は、どちらにも興味が無い。

ボールが飛ぶのを待つアリス。
e0006428_16141861.jpg

[PR]
by alicemahya | 2005-05-20 16:05

換毛中。

悠太が、換毛中。けっこう、抜けている。
黒い身体のあちこちから、白っぽい毛が、ぴょこぴょこ飛び出している。
アリスより、キモチ長めの、ふっくらとした毛だ。薄いグレーに、黒のティッピング。
グレーといっても、かなり白っぽい。アリスの毛は、もっと濃いグレー。
ブラシだと、短かくて細い毛が、うまく取れない。
なので、目の詰まった、ネコ用コームを使っている。
尻尾をとかしていたら、困った顔で振り返り、口を開けた。無言の抗議だ。
「痛かった? ごめ~ん」
しかし、アリスみたいに鼻の頭に皺で「う~!」でもないし、私の手を、がぶっ! でもない。
マーヤみたいに、逃げようともしない。
尻尾のコームをやめたら「痛くないならいい」とばかり、寝そべってくれた。

マーヤよりも、クロたちの方が、毛がとりづらい。
マーヤの毛は、ブラシにちゃんと集まるので、まだ、やりやすい。
悠太、明日も、毛をとろう。あ、痛くないように、ね。
e0006428_1652767.jpg

[PR]
by alicemahya | 2005-05-19 16:04

相撲レスラー?

マーヤは、私に抱きつき、甘えてくるのは良いのだけれど、大興奮すると、後頭部に歯を当て、ガリガリとやる。
髪が抜けるし、痛いのよ。別にいいんだけど。。。でも、痛いのよ。
倒れ込み「やめれ! おしま~い!」と、思わず足でバリケード。

汚い足出してすみません。で、マーヤの顔が可愛かったので(!)
e0006428_1634963.jpg

マーヤは、何で~? 納得いかないっ! といった感じで、後づさりしながら、うおんうおん!
e0006428_1642052.jpg

マーヤと取っ組み合うと、自分がレスラーになった気がする。
マーヤの恋人は、私なのだろう。
なぎ倒すように抱きついてきては、耳や髪を噛んだり、服を引っ張ったり、手でバシバシ叩いて転がそうとしたり、後ろ足で踏みつけたり。
マウントしたいのはわかるのだけれど、ちょっと乱暴なのだ。
背中から抱きつかれ、頚動脈の辺りを、ぎゅ~っ押さえられることがあって、それは、苦しい。
まあ、マーヤ、凄く楽しそうだから。こちらも相手になって、撫でたり戦ったり。
「わかった! まいった! もう、やめれ~!」となるまで。

ネットをやっていて良かった~! と思う機会が、沢山ある。
「HP、見てました」なんておっしゃて頂くと、もう、大感激してしまう。

ありがとうございます。
皆様、これからもよろしくお願いいたします。。。
[PR]
by alicemahya | 2005-05-18 16:02

うちの子たちの日々。2005・2月~2006・10月


by alicemahya