「ほっ」と。キャンペーン

☆マーヤ組☆

alicemahya.exblog.jp

うちの子たちの日々。2005・2月~2006・10月

<   2005年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

アルバム。

アルバムを見てくださってありがとうございます。
マーヤと両親の再会の日を記録に残しておきたくて、アルバム「カザフ・ダーチャ・マーヤ」もアップしました。
メニューの「サモエド・マーヤ」から入れます。
よろしければご覧になってくださいませ・・・。
http://www.photohighway.co.jp/tp/26_f.asp?key=1571777&un=5261&m=0&pa=&Type=26

今日もアリスにつきまとっていたマーヤ。
e0006428_1754943.jpg

今日もじゃれあっていたマーヤと悠太。
e0006428_17542580.jpg

[PR]
by alicemahya | 2005-02-28 17:53

洗面器?

100円ショップで、ペットの毛取り用「コロコロ」と、マーヤのご飯用の大きなステンレスボールも買った。
痩せてしまったマーヤのご飯を多めにしているのだけれど、まあ凄い勢いで食べるので、これまでの食器ではカリカリがこぼれてしまっていた。
だから、大きなものを買った。まるで洗面器のようだ。(汗)

鶏頭缶を買いにいったら、手羽先缶も売っていたので買ってきた。
e0006428_17515048.jpg

冨太と、マーヤ。ふうちゃん可愛く写ったかしら♪
e0006428_17522154.jpg

[PR]
by alicemahya | 2005-02-27 17:52

一瞬、ドキリ。


e0006428_1750055.jpg

クロたち2頭、一緒に散歩をした。
1頭づつだったり2頭一緒だったりは、私の気分しだい。(暗いときは間違いなく1頭づつ)

今日、2頭連れて遊歩道を歩いているときのこと、ウンチ袋を持ち替えようとして、指がこんがらがり(!)私の「不器用な脳」はなんと、2頭両方のリードを手放してしまった。
伸縮リードの持ち手が「からん!」と落下して、悠太は動きを止めた。
アリスは、とことことこ、と3歩ほど進んだところで「待て!」と私に言われ、振り向いて止まった。
足でリードを踏むこともなく、すぐに両方のリードを拾えたけれど、一瞬のことでも、ドキリとするものだ。
2頭一緒のときは、リードが絡まないように犬たちの動きに合わせてリードを持ち替えたり、くぐらせたりと「手」が忙しい。

ダルメシアンの飼い主さんが(たぶん女の子)ご挨拶に近寄ってきてくださったのに、ダルに興奮する悠太がやはり鼻息を荒くしたので「すみません~」と離れていた。
いつもダルメシアンの男の子と鼻息合戦を繰り広げている悠太は、相手が別の子でも大興奮してしまうのだった。

すれ違った柴飼いの方に「親子ですか?」と訊かれた。
親子とすると、悠太が父? だと純血柴のアリスは生まれないから、アリスが母ということになる?(笑)
[PR]
by alicemahya | 2005-02-26 17:47

漁ったな。

マーヤが、生ゴミを漁った。(ー_ー;)
庭の車まで物を取りに行き、玄関を入ったら、そこにいたはずなのに、姿が無かった。
嫌な予感がして「マーヤ!」と呼んだら、そそくさと階段を下りてきた。
おでこ、鼻先、口元が濡れていたし、匂いもしたので「やったな・・・」と確信した。
でも、現場を見るまでは。推測で疑ってはいけない・・・で、階段を昇る。
前足を器用に使うのだろう、三角コーナーから生ゴミの袋が引っ張り出され、床に落ちていた。
じゃが芋の皮を取られていた。食べたな? そういえば皮を剥くの、見てたっけ。
狙った獲物は逃がさないマーヤだった。(と感心している場合ではないのだけれど)
マーヤは私が「あ~~!」と叫ぶのを予測するのか、階段の下にいて、上がっては来なかった。
「ちょっとマーヤ、来なさいよ!」踊り場から呼んだら、こちらを見ない。
横を向いて俯き、大人しくお座りしていた。悪さをした後は、いつもそうだ。
(こういうときは、例えジャーキーを出しても来ない! 嘘みたいだけれど)
私が席を外した隙を狙う。私がいるときはやらない。
台所に立ち上がる素振りも見せない。言い訳になるけれど、だから油断する。
「悪いのわかっててやるなよな」 ブツブツ言いながら床掃除をした。

しばらくすると、マーヤの方から私を舐めにくる。まったく可愛いので、許してしまう。

アリス@コタツで温まった後のへそ天。
e0006428_17464641.jpg

[PR]
by alicemahya | 2005-02-25 17:44

さくさく繋がる。

表示へのストレスが無くなり、嬉しくて、いろいろな方のアルバムやHPを見てまわった。
そして、自分でも早速、アルバムを作成しました。
(これまで作成自体難儀で、自分でアップした画像すら見るのが大変だった)
よろしければどうぞご覧になってくださいませ。。。

「お天気が悪くてもドッグラン!」
http://www.photohighway.co.jp/tp/26_f.asp?key=1571683&un=5261&m=0&pa=&Type=26

「春一番! 那須ダーチャがやって来た!」
http://www.photohighway.co.jp/tp/26_f.asp?key=1571469&un=5261&m=0&pa=&Type=26

↑「サモエド・マーヤ」から、入れます。

e0006428_17435324.jpg

[PR]
by alicemahya | 2005-02-24 17:42

春一番。

春一番の風。嬉しい一日だった。
那須にいたダーチャ、中標津にいたダーチャ、東京にいたマーヤが、一緒にいた。
またひとつ大きな夢が叶った日だった。

どんな犬でもそうだけれど、親子3代が揃うことって、滅多にあることじゃない。
それなのに、私は巡り合えた。この瞬間に。嬉しくてたまらなかった。
親子3代が、マイペースで食いしん坊、人が大好きで、知らない人にもせっせと挨拶にいく。子供も大好き。とにかく明るい。
那須ダーチャとダーチャは、目元、口元もそっくり。
毛並みも、娘ダーチャと、その娘マーヤにそっくり遺伝している。
ふとした瞬間に、3頭、よく似た表情を見せてくれて、ああ、犬ってこんなふうに遺伝していくのか、なんて、すっかり感心してしまった。
父犬の血で薄まっても尚、しっかりと繋がっていく母系の遺伝の強さを感じた。
那須ダーチャは、娘ダーチャより少し女の子らしい印象だ。
8歳だというけれど、もっと若く見える。動きが軽快だし、高い台の上にも普通に飛び乗る。
食事は残したことがないそう。頑丈で、元気。3代、やっぱりよく似ている。

e0006428_17384372.jpg


可笑しくて何度も笑ってしまったのは、石川さんやあべさんがジャーキーを出すと、3頭「待ってました!」とばかり最前列に勢ぞろいし(柴のゴン吉や悠太、コーギーのミントちゃんなどは、後列で静かに待っている!)「待て」の号令で、待つことは待つのだけれど、3頭のうち誰かしらが順番に立ち上がってしまい、まあ、せっかちというか、それぞれ、似たようなタイプの他の2頭に先に取られちゃイヤなのか(笑)何度もサモエドたちに号令をかける石川さんやあべさんが、まるでサモエドサーカスの団長みたいに見えた。(笑)

那須ダーチャの飼い主さんは、普段は遠方にいらっしゃるけれど、またきっと遊びましょう! とおっしゃってくださった。
そのときは、他のダーチャっ子たちも集まるといいな。
それぞれのダーチャのことを大好きな人たちが来られると良いですね。

王国にドッグランがあって、作ってくださって、本当に嬉しい。
那須ダーチャの飼い主さんであるYさん、そして、長いこと那須ダーチャの大ファンでいらして、今日声をかけてくださったYさんご夫妻、ありがとうございました。
[PR]
by alicemahya | 2005-02-23 00:30

うちの子たちの日々。2005・2月~2006・10月


by alicemahya